体感振動ユニット BassShaker

BassShaker 振動体感システム
AURA SOUND / オーラサウンド
体感振動ユニット BassShaker ACT-50-4 体感振動ユニット BassShaker ACT-50-4 フロント AURASOUND BassShaker ACT-50-4 体感振動ユニット BassShaker ACT-50-4 サイド AURASOUND BassShaker ACT-50-4 フィン

AURASOUND製品 スピーカーユニット 体感振動ユニット

製品情報 : Products Information
株式会社エーアールアイ / ARI
ARI CO.,LTD.

接続と機器構成

パワーアンプと振動ユニットは、次の図のように振動ユニットをスピーカーとして接続します。

パワーアンプと振動ユニットの接続

低音のみの信号(音源)の場合には、そのまま増幅して振動ユニットを駆動していただければ結構です。 中高音を含む一般的な音声信号の場合には、イコライザなどで低音のみの信号にする必要があります。

振動ユニットの端子と接続
パワーアンプの接続

スピーカー端子には、±の極性がありますが、体感上の違いはありませんので、どちらに接続していただいても結構です(複数ユニットを取り付けた場合には、位置によっては極性が問題になる場合があります)

パワーアンプのスピーカー出力が赤と黒の端子になっている場合には、特に理由が無ければ、振動ユニットの端子の色とあわせます。


パワーアンプの接続、スピーカー端子

サブウーファー出力を接続

パワーアンプへの入力はオーディオ信号の低音です。 AVアンプ、ホームシアターの低音を利用される場合には、サブウーファースピーカーへの出力を分岐、もしくは、振動駆動用のパワーアンプを経由してサブウーファーと接続するようにしていただくとサブウーファーの音と連動して振動駆動することができます。

サブウーファー出力を接続する場合の例 A:ライン経由、B:分岐
サブウーファー出力を接続する方法 A/B
パワーアンプを経由

Aのケースは、サブウーファー出力を振動用アンプに入力し、振動用アンプから入力の信号がそのまま出力されているライン出力をサブウーファースピーカーに接続する例です。

この接続方法は、振動用にご利用のアンプがライン入力をボリュームの影響なくそのままライン出力されるようになっていることが必要です。 この場合には、振動ユニットが不要な場合でも、サブウーファーを利用するために、振動用パワーアンプの電源がオンになっている必要があります。

サブウーファー出力をY字分岐

Bのケースは、Y字分岐の接続ケーブルを使って、サブウーファーと振動用アンプに分配して利用する方法です。 Y字分岐ケーブルは自作いただいてもかまいませんが、市販されているケーブルをご利用いただけます。

サブウーファー出力の確認
サブウーファー出力の適合

サブウーファー出力を利用するAとBどちらの場合も、AVアンプのサブウーファー出力がラインレベル出力であることが必要です。

ご利用のサブウーファースピーカーがアンプを内蔵しているアクティブスピーカーの場合にはこのような方法でご利用いただけます。

サブウーファーをAVアンプが直接駆動している場合には、このような接続はできませんのでご注意ください。

また、AVアンプのサブウーファー出力にご希望の音源の低音部が出力される必要があります。 念のため、ご希望の音源を入力している時にサブウーファーに低音が出力されることをご確認ください。 万一、映像ソース以外は、メインスピーカー(L/R)のみに出力するように切り替わるようになっているようなアンプですと、サブウーファーに出力されず、効果を得られません。

これ以外の場合については、機材が必要になる場合があるため、「応用とご利用のヒント」に掲載している例をご参考になさってください。

振動体感ユニットのご利用案内

ハイパワー振動ユニット Bass Shaker ACT-50-4

AURASOUND BassShaker ACT-50-4

振動ユニットご利用案内 基本的なご利用方法

01必要な機材
パワーアンプと出力
02接続と機器構成
接続とサブウーファー出力の利用
03ご注意いただきたい点
ポイントのまとめ
04インピーダンス整合
合成抵抗でインピーダンスマッチング
05入力信号と特性
音域、周波数とユニットの動作、特性
06ユニットの取り付け
振動ユニットの取り付けと位置

応用とご利用上のヒント

01ダンパーの性質
立ち上がりと静止の特性と共振周波数
02信号加工と効果
信号を加工、生成して効果的に振動
03楽器音やPCで駆動
合成音による効果的な駆動
04家庭用ゲームで駆動
ビデオゲームでご利用いただくためのヒント
05音を発生する
中音域の信号でスピーカーのように音を出す

振動ユニットをご利用いただく場合の接続やアンプなど基本的な内容と応用的なご利用案内になっています。 他にいただいたご質問の代表的なものを「FAQ / よくあるご質問と回答」のページに掲載しています。 お客様にご利用いただく場合にご案内しているような内容をまとめましたのでご利用ください。

ご注意いただきたい点」のページは振動ユニット特有の内容がありますのでオーディオ機器の知識のある方もご覧いただければと存じます。

≪ 体感振動ユニットBassShaker ご利用案内 ≫
AURA SOUND スピーカーユニット 低歪率、高音質、高出力 AURA SOUND スピーカーユニット製品情報、販売 コンパクトフルレンジスピーカー NS3-193-8A コンパクトフルレンジスピーカー NSW2-326-8A(Whisper) コンパクトフルレンジスピーカー NSW1-205-8A(Cougar) ツィータースピーカーユニット NT1-204-8D サブウーファースピーカー NS12-794-4A ウーファースピーカーユニット NS12-513-4A

≪ 振動ユニットBassShakerご利用案内 : 基本的なご利用方法 ≫

株式会社エーアールアイ/ARI CO.,LTD.
東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F
tel:042-656-2771 fax:042-656-2654

ARIはAURASOUND社プロ音響製品の取り扱い代理店です。 製品に関するお問合せ、振動ユニット BassShaker、スピーカーユニットの販売、お見積等、お申し付けください (個人のお客様への通信販売も承ります)

エーアールアイ会社情報
製品情報と販売
音響と開発・サービス
音響機器メーカーと代理店

ご利用案内 | 免責事項 | 映像と振動体感システムのサイトマップ | 株式会社エーアールアイ | 東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F

Copyright(c) 2001-2017 ARI Co.,Ltd. all rights reserved.