木製コーンスピーカのDVDミニコンポ

アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ vol.39
音響と技術 メールマガジン
DSPボード デジタル信号処理 image DSPボード ソフトウェア開発 image 高速DSP/信号処理 image オーディオ信号処理とデジタル信号処理 image 音響信号とデジタルストレージ image

音響技術とソフトウェア、ハードウェア開発

音響と開発 : Sound & Development
株式会社エーアールアイ / ARI
ARI CO.,LTD.
アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ

木製コーンスピーカのDVDミニコンポ

39

メールマガジン「アメニティ サウンド 音と快適の空間へ」は、現在、休刊中です。 バックナンバーのコラムの内、サウンドコラムと技術開発コラムは、 サウンド、技術開発コラム に再編集、一部加筆修正して掲載していますので併せてご利用ください。

■□■□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■ アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ【Vol.39】2003年10月2日
□    木製コーンスピーカのDVDミニコンポ
□    http://www.ari-web.com/
□■□□□□□□□□□□□□ 株式会社エー・アール・アイ □■□■

□はじめての方へ、
このメールマガジンのご登録をいただきましてありがとうございます。
「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」は、隔週(第1、第3木曜日)
にお届けしています。内容を充実できるようにがんばりますので、末永く
お付き合いいただけますようお願い申し上げます。

 ■□■□■ CONTENTS Vol.39 □□□□□□□□□□□□□□□□□

  1.技術と開発の閑話(4)
    リアルタイムとベストエフォート (前編)
  2.サウンド(37)
    音質?デザイン?
  3.3GPP音声通信(32)
    GSM音響規格−受話歪特性   ...(と「携帯サブレー」)
  4.木製コーンスピーカのDVDミニコンポ(URLクリッピング)

………………………………………………………………………………………
■1.技術と開発の閑話(4) リアルタイムとベストエフォート (前編)
………………………………………………………………………………………
技術や開発に関連した話題を閑話と題してお届けしています。あまり
 専門的ではなく技術者以外の方にも接点のある内容にできればと考え
 ています(力不足で表現が至らないかもしれません)。

  ▼前回までの内容はバックナンバーをご覧ください。
  http://www.ari-web.com/mm/

 ■リアルタイムのための等時性保証

 9月30日に、家庭向けエンターテイメント機能を強化したバージョン
 のOS、Wdinows XP Media Center Edition 2004が発表されました。

  ▼米Microsoft、Windows XP Media Center Edition 2004を発表
   インプレス Internet Watch 2002年10月1日
  http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2003/10/01/606.html

 Media Center PCは、TVの視聴や録画,写真,ビデオの編集、CD/DVD
 の再生などの家電系マルチメディア機能をより一般向けに充実させた
 バージョンで、専用のOSとしてデジタルPC家電として販売される機器
 にバンドリングされます。

 メディア系の機能を実現する時、Windows XPには、多少、難点があり
 ます。通常の機能では、CPUやバスのパワーなどで見かけ上、メディア
 PCが実現されて、リアルタイム性のある用途でも利用できるようにな
 ってはいますが、PCの限界の性能を生かしたリアルタイム処理に適
 した状態ではない部分があります。

 例えば、USB 2.0は高速な通信となり音声や映像などをリアルタイム
 に扱うのにIEEE1394と遜色ないかのように語られますが、ローランド
 のUSB オーディオ・インターフェイス「UA-1000」に専用のパッチが
 必要であったように、OSは、マルチチャンネルの音声転送速度を保証
 するだけパワーを与えるようになっておらず、プリエンプティブなOS
 だった時のように特定の処理に集中的にパワーを優先割当てする傾向
 があります(集中させてマルチメディア対応している)。

  ▼第116回:USB 2.0対応Audioインターフェイス「UA-1000」
   〜 開発者に聞いたUSB 2.0採用のわけ 〜
   インプレスAVウォッチ 2003年9月22日
   藤本健の週刊 Digital Audio Laboratory
  http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20030922/dal116.htm

 メディアプレーヤーなどCD/DVD再生などを行う処理は優先的に時間
 配分されていますので問題が生じませんが、何らかの事情で優先処理
 がCPU占有すると、優先度が非常に高いために、フリーズした時のよ
 うにマルチタスクの堅牢性もユーザーに対するリアクションも保てな
 くなるような状態が発生します。

 キーボード入力は高い優先順位が与えられるなど、旧来のPCのパワー
 であってもパフォーマンスが得られるように、特定の部分に特化した
 設計になっている所にメディア系のリアルタイム処理を同居させてい
 るためか、現在のPCのパワーでは実現可能な内容でもOSの管理の問
 題が生じる場合もあります。

 単純に均等なマルチタスクでは実現できなかった部分もありますから、
 現状を無条件に否定はできませんが、改善の必要がありそうです。

 ローランドのUA-1000は24bit/96kHzでも8ch以上で録音・再生が同時
 にできるUSBオーディオ・インターフェースですが、OSがUSBバスの転
 送に高いスループットでドライバに処理時間を与えないと実現できな
 いだろうことは容易に想像できます。

 インタビューにあるようにWindows XPにアップデートパッチによって、
 製品が利用できるようになったようです。UA-1000に付属する以外には
 アップデートは未定のようですが、Windows XP SP2あたりには含まれ
 ることになるのでしょうか。

 UA-1000やMedia Center PCなどの対応で、リアルタイム処理のため
 の等時性保証が考慮できるように変化するタイミングが来ているよう
 です。

 以下は、次回に...またしても連続になって申し訳ありません。

 それでは、次回もよろしくお付き合いください。 (^^)

  ▼ARIは、デジタル機器のハードウェア、ファームウェアの開発を
   お手伝いしています。
  http://www.ari-web.com/develop/index.htm

………………………………………………………………………………………
■2.サウンド(37) 音質?デザイン?
………………………………………………………………………………………
 このコラムは音や音響機器などについての話題をお届けしています。

 Japan.Internet.comに掲載されているソリッド・オーディオ mp3に
 関するリサーチによると、製品を選択する時に重視するのは、男性は
 音質、女性はデザインという結果とのことです。

 2万5,959人からの有効回答とのことですので、回答人数も十分な
 アンケートの結果ですが、詳細は株式会社インフォプラントの有料
 サービスでのみ公開のようです。

 プレイヤーを選択するポイントは、男性が1.音質、2.メモリー容量で、
 女性は1.デザイン、2.音質との結果とのことですが、どちらも、上位
 には「音質」が挙げられています。

  ▼ポータブルMP3プレーヤー、選ぶポイントは男性は「音質」、
   女性は「デザイン」
   Japan.Internet.com Webマーケティング 2003年9月30日
  http://japan.internet.com/wmnews/20030930/5.html

  ▼「mp3」ASCII24 アスキーデジタル用語辞典
  http://yougo.ascii24.com/gh/37/003757.html

 「音質」での選択についてですが、mp3プレーヤーは、ディスクのよ
 うな回転部分などが不要なため、デジタル・オーディオ機器の中では、
 比較的、メーカーの音質の差はつきにくいのではないかという気がし
 ます(アンケートで「メーカブランド」が重視されていないように)。

 デジタルオーディオの場合、音質の最低水準が高いので、ヘッドホン
 ステレオのような用途でBGM的に楽しむ目的であれば、商品の音質は
 大差ないといっても差し支えないかもしれません。
 
 ヘッドホンによる音質の差の方が大きいですから、付属ヘッドホンの
 音質は問題とされているかもしれません。リモコンがついているので
 ヘッドホンも必然的に本体の音質に含められるかもしれませんが...

 アンケートに回答する立場を考えると、機能面を無視して他の要員で
 製品を選択するという回答は、考えにくく、複数回答ありの設問です
 と、必ず、主機能の音質や機能性が上位になるという結果になりそう
 です。

 女性のデザイン重視は「機能は満足されている」ことが前提で、必要
 以上の高音質をプレーヤーに求めていないという意味で回答されてい
 るような気がします。「音が多少悪くてもデザインが良い方を選びま
 すか?」という設問ならばデザインが1位にはならないでしょう。

 日本の市場は、海外に比較すると男女を問わず「機能よりデザイン」
 「イメージ」重視の傾向ですから...機能性に大きな差がないと認識
 されている製品の選択では...

 このあたりは、嗜好性というよりも、設問に対する男性と女性の受け
 止め方の違いによる結果と言えるかも知れません。自動車など身近な
 物については、おおよそ、「走行性能」対「デザイン」というような
 「回答傾向」になり、回答時の捕らえ方に傾向があるのではないでし
 ょうか。

 それでは、次回もよろしくお付き合いください。(^^)

 前回までの内容はバックナンバーをご覧ください。
  ▼バックナンバー目次
  http://www.ari-web.com/mm/bn/index.htm

………………………………………………………………………………………
■3.3GPP音声通信(32)  GSM音響規格−受話歪特性
………………………………………………………………………………………
 横須賀リサーチパーク、YRP(Yokosuka Research Park)は、横須賀市
 に電波情報通信技術の研究開発拠点として、NTTドコモの研究所を筆頭
 に携帯電話メーカの研究所などが集まっている「日本の携帯の聖地」
 などといわれる所です。

 横須賀市のWEB広報によるとYRPのブランド名をつけた牛乳とサブレー
 (菓子)が販売されているそうです。どちらも、携帯電話をイメージし
 たパッケージ・デザインになっていて、牛乳は横須賀市内の小・中学
 約20校の給食でも使われているようです。
 
  ▼携帯電話をモチーフにした牛乳・コーヒー入り乳飲料を発売
   横須賀市 WEB広報 6月号
  http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/web-koho/0306/yrp_milk/index.html
 
 携帯サブレー(菓子)は、携帯用のサブレーという意味ではなく...

 携帯電話風デザインの菓子です。袋に「携帯電話発祥の地/横須賀」
 と記載されているのですが...しかも、パッケージのイラストでは地図
 のYRPの位置から電波が出ています...

 袋のデザインはテンキーとフックのボタンのイラストに付きになって
 いて、液晶表示部に相当するところがYRPマーク付きの窓になってい
 ます。なぜがオンフック・ボタンが2つ付いています。

 インプレスのケータイウォッチでは「ワイヤレス電話の子機のような
 ...」と表現されています(厳しいです。「携帯」と名乗っていますの
 で「携帯」としてあげてください...)12個入り1000円、6個入り500
 円の2種類あります。

  ▼インプレス ケータイWatch 本日の一品 2003年9月18日
   聖地にあった意外なおみやげ「携帯サブレー」
  http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/todays_goods/15571.html

  ▼「YRP携帯サブレー発売中」
   横須賀市 WEB広報 2月号
  http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/web-koho/0302/yrp/

 いわゆる「つっこみ所、満載」の携帯サブレー...余談でした。

 今年に入って毎月好調との発表が聞かれたNTTドコモの第3世代携帯
 電話サービスFOMAの契約数が9月末に100万件を突破と発表されまし
 た(リンクのみですが)。

  ▼FOMA契約数が全国で100万契約突破
   NTT DoCoMo DoCoMo Net 報道発表資料 03'10.3
  http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/03/whatnew1001.html

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 さて、前回はGSM音響規格の送話歪特性測定についてですた。今回は
 受話歪測定です。

  ▼前回までの内容はバックナンバーをご覧ください。
  http://www.ari-web.com/mm/

 ■6.Receiving Distortion (受話歪)

 受話歪測定とは、受話方向の歪成分の量を評価するための測定です。

 周囲の環境騒音と伝送経路の歪、ノイズなど受信側の全ての歪成分
 を対象としています。受話歪の測定は、測定用の人工耳マイクロホン
 (ERP点)に入力された音声の
 
  [基準信号のレベル] 対 [基準信号を除く全ての周波数成分]

 の差を測定結果より求め「歪成分はxxdB」という評価を行います。

  ▼受話歪の計算方法については以前にご紹介しました。
  http://www.ari-web.com/mm/bn/20030320.htm

 基準信号には1000Hzの正弦波を使用します(正確には1004〜1025Hz
 の範囲で規定されています)。低いレベルから高いレベルまでの10段
 階(-45〜+0dBm)で行い、それぞれレベル毎に規定された7ポイントの
 歪成分の量を評価します。

 測定はRLRや受話感度周波数特性同様、LRGP(テストヘッド)を使用
 して行います。測定の内容、規格値については3GPP規格の場合と同
 じです

 歪特性は周囲の環境騒音も歪み成分に含まれますが、定量化できない
 騒音下での測定結果は評価ができないので、騒音に対して独自に定量
 化基準を設けて評価するか、無響室などで測定することになります。

 3GPP規格では、特殊な測定を除き測定環境は64dBspl(A)以下の環境
 で測定する様に規定されています。

  ▼3GPP受話歪測定については以前にご紹介しました。
  http://www.ari-web.com/mm/bn/20021003.htm

 人間は約1%の歪みで耳に感ずると言われています(視覚は歪には寛容
 で聴覚ほど歪やノイズに敏感ではないといわれています)。

 受話歪測定の規格値を%に換算するとレベル毎に異なりますが約2%〜
 13%の範囲で規定されています。つまり、高音質を補償するためでは
 なく、通話に必要な品質を確保するのが規格の主眼となっています。

 次回は音響エコー測定をお届けします。

  ▼ARIは3GPP,GSM,PDC音響測定に対応した「3G携帯通信開発用
  音響測定システム MTA-01WB-S」を開発・販売しています。
  http://www.ari-web.com/mobile/3g/mta01-wbs/info-3gpp.htm

  ▼GSM端末音響システム 製品概要(MTA-01WB-S)
  http://www.ari-web.com/mobile/3g/mta01-wbs/info-gsm.htm

………………………………………………………………………………………
■4.木製コーンスピーカのDVDミニコンポ(URLクリッピング)
………………………………………………………………………………………
 WEB参照可能な掲載記事などから毎日伝えられるニュースや記事から
 気になる情報や、翌日には埋もれてしまいそうな記事をピックアップ
 してご紹介しています(このメールマガジンの発行周期が隔週という
 こともあって新しい記事ばかりではありません)。

 ■木製コーンスピーカの製品発売
 3月にビクターがダイナミック・スピーカのコーン(振動板)に木製
 シートを使用したスピーカの発表をしていましたが、製品が11月に発
 売されるようです。

  ▼ビクター、世界初の木製コーンスピーカー採用DVDミニコンポ
   −DVDオーディオ再生も可能、単品スピーカーは来春発売
   インプレス AV ウォッチ 2003年9月30日
  http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20030930/victor.htm

 従来から、スピーカのコーンには紙以外にもアルミなどの材料が使わ
 れたり、形状もフラットや角型など各社色々と工夫された製品があり
 ますが、木製は初めてです(世界初とのことです。ヨーロッパあたり
 の無名のおじさんが趣味で作っているかもしれませんが)。

 ミニコンポとしては高額な部類に属しますが、機能性が高いタイプに
 なっているようです。おりしも、音響コラムで「音質」と「デザイン」
 の話題をしていますが、デザインは全面的に木調でコーンの素材を見
 せた状態、本体はアルミダイキャストの高級感のあるデザインです。

 この商品の場合、音質で選択する人が購入するのでしょうか?それと
 もデザインで選択されるのでしょうか?

 もしくは、イメージ的なナチュラル感でしょうか?

 (社)電子情報技術産業協会JEITAの8月の電子機器国内出荷統計が
 発表されています。

  ▼(社)電子情報技術産業協会 JEITA
   「統計データ」-「民生用電子機器国内出荷統計」にあります。
  http://www.jeita.or.jp

 これを見ると3種の神器ではありませんが、好調と不調がはっきりし
 ています。オーディオ系は低迷で映像系好調です。

 ビクターの製品に限らず、DVDミニコンポが多くなってきていますが、
 DVDプレーヤー搭載のミニコンポは、どの分類に属するのでしょうか?
 (ステレオセットですかね)

………………………………………………………………………………………
■編集後記
 このメールマガジンでは、URLクリッピングに限らず、どのコラムも
 リンクが含まれている形式にしていますが、これには理由があります。

 Microsoft社のOutlook(Outlook Expressは大丈夫です)が、定量
 の文章ごとにリンクがないと、クリックできるリンクとして扱わず、
 ただのテキストにしてしまうため、定量ごとに飛び石のようにリンク
 を記載するようにしているのが理由です。

 バックナンバー紹介のリンクを各所につけているのもその理由です。

 少し文章が続くと、すぐにリンクとして認識しなくなってしまうので、
 まとまった1段落ができてしまうと書き直しが必要になっています。

 本文もさることながら、実は、このリンクと本文のバランスを取りな
 がら、最後までリンクを生かすように編集するのが結構大変だったり
 します(TT

 それでは、次回、2003年10月16日Vol.40もよろしくお願いします。
                        ARI A&S 編集部

【配信】……………………………………………………………………………
 このメールマガジンは、次のメール配信サービスによって発行
  されています。

 Melma! : http://www.melma.com/
 Pubzine: http://www.pubzine.com/
 まぐまぐ: http://www.mag2.com/
 Macky!: http://macky.nifty.com/
 めろんぱん: http://www.melonpan.net
 メルマガ天国:http://melten.com/
 E-Magazine: http://www.emaga.com/
 カプライト: http://kapu.biglobe.ne.jp/


【配信中止】………………………………………………………………………
  配信中止をご希望の方がいらっしゃいましたら、お手数ですが、
  登録いただいた各配信先で解除いただきますようお願い申し上げ
  ます。(みなさまにご登録いただいたメールアドレスは弊社では
  記録、収集しておりません)。

 Melma! http://www.melma.com/mag/96/m00058796/index_bn.html
 Pubzine http://www.pubzine.com/detail.asp?id=17084
 まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000086886.htm
 Macky! http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=poparimm
 めろんぱん http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=002937
 メルマガ天国 http://melten.com/m/10326.html
 E-Magazine http://www.emaga.com/info/arimm.html
 カプライト http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/5842.html

【ご意見・ご感想】………………………………………………………………
  なお、このメールマガジンが対象としているような技術や音響
  などの内容についてご意見、ご感想、投稿など歓迎いたします
  ので、なんでもお気軽にお寄せください。

  ▼ご意見、ご感想送信はこちらのE-Mailアドレスへお願いします。
  mailto:news@ari-web.com

□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□ 発行/編集 株式会社エー・アール・アイ
□       Amenity Research Institute Co.,Ltd.
□ 〒192-0081 東京都八王子市横山町6-9 丸多屋ビル8F
□ TEL :0426-56-2771  FAX :0426-56-2654
□ URL : http://www.ari-web.com/
■ お問合せ : mailto:news@ari-web.com
■ Copyright(C) 2002-2003 ARI.CO.,LTD. All Rights Reserved.
□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□■□■□■
3GPP対応 携帯電話開発用音響測定システム
TS 26.131/ 26.132 V5.0に準拠、ITU-T P.50とP501の試験信号、Windows Vista、Windows XP 3GPP対応 携帯電話開発用オーディオアナライザー MTA-02WB-S

≪ vol.39 木製コーンスピーカのDVDミニコンポ ≫

株式会社エーアールアイ/ARI CO.,LTD.
東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F
tel:042-656-2771 fax:042-656-2654

ARIはアナログ、デジタル音響機器の ハードウェア開発ソフトウェア開発、 製品、受託開発を行なっています。試作、研究開発や特注機器などのソフト、ハード、システムの設計から製造までご相談いただけます。

エーアールアイ会社情報
製品情報と販売
音響と開発・サービス
音響機器メーカーと代理店

ご利用案内 | 免責事項 | ARI アメニティ&サウンド | 株式会社エーアールアイ | 東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F

Copyright(c) 2001-2017 ARI Co.,Ltd. all rights reserved.